鴻巣の赤物/鴻巣だるま 30号

おうちにちょうどいい存在感

埼玉県鴻巣市でつくられる鴻巣だるま。
30号は、大きすぎず、小さすぎず、でも存在感のあるサイズ感です。



鴻巣だるまとは

一般的なだるまと違い固くて丈夫なだるま。
よくあるだるまは、紙でできている張り子だるまです。
鴻巣だるまは、練物と言われ桐のおがくづを固めて作られます。
また、光沢があるのも特徴です。
昔は、固いことから「カンカチ」とも呼ばれ、
露店ではテーブルにカンカン叩きながら、固さをアピールして販売をしていたそうです。

鴻巣だるま30号 鴻巣の赤物とは

江戸時代より、雛人形の産地である埼玉県鴻巣市。
雛人形とともに、江戸中期より真っ赤に塗られた人形「赤物」の産地でもあります。

昔から赤い色は、
疱瘡(天然痘)などの病気除けや、魔を除けると伝えられています。
そのため、子供のおもちゃは赤い色に塗られたそうです。

当時より、
無病息災、魔除け、家内安全など、
「子供の健康を願う気持ち」が込められたアイテムです。
製品名(Product name) 鴻巣だるま30号
ブランド・製造者 鴻巣の赤物/太刀屋
素材(Material) 桐のおがくず(Sawdust)
重量(Weight) g
製品サイズ(Size) W125 × H155 × D130mm
産地(Production area) 埼玉県鴻巣市(Saitama, Japan)
指定 国指定重要無形民俗文化財「鴻巣の赤物制作技術」
注意点
  • 塗り色は、パソコンの画面上や、光の加減など、見る環境によって違いがあり、現品との色目と若干の差異が生じる場合がございます。何卒ご了承ください。
  • 職人の手作業の為、商品写真と比べ、表情や模様に違いあることがございます。
  • 底の穴は、赤物を制作する際に棒を刺すもので、全てに存在しています。
鴻巣の赤物
販売価格 3,000円(税込3,300円)
型番 あ-だ5
在庫状況 2ヶ