越生 渋うちわ/うなぎ

竹選びから制作まで。こだわりをもって作られる1本

江戸時代より、うちわの生産が行われていたと言われている埼玉県越生町の「越生うちわ」。
最盛期の明治時代には、年間240万本のうちわを生産してたそうです。
現在でもうちわ職人が一つ一つ手作業で、丹精込めてつくっています。

特徴は、強くてしなやかなうちわ。
「一文字団扇」ともいわれ、竹を細かく裂いて広げた骨の根底部分に、
横一文字に肩骨をいれ強靭な骨組みをつくります。

紐の編み方にも特徴があり、扇いだときに強い風を起こすことができるのです。


渋うちわ うなぎ


うなぎ屋御用達「うなぎ団扇」

幅広で、上部が丸みを帯びている「うなぎ型」うちわは、
名前の通りうなぎを扇ぐためのうちわ。

うなぎや、焼とりを焼くとき、
酢飯を冷ますときなどに最適なうちわです。

柿渋が水や虫などに耐久性があり、
強い風を送れる越生うちわならでわの1本です。

現在でも、うなぎ屋や焼とり屋さんが使う程、
長く、実用的に使えるうちわです。

ブランド・製造者 鼠屋ちゅう吉 / うちわ工房しまの
品名 越生渋うちわ うなぎ型
素材 竹、小川和紙
製品サイズ 幅24.5 × 高さ32 × 柄の長さ9.5cm
産地 埼玉県越生町
注意点
  • うちわ表面に塗ってある柿渋に、むらがある場合がございます。これは製造上に生じるものでありますので、予めご了承願います。
  • 柿渋は、経年変化いたします。画面上の色と多少違いがございます。
越生渋うちわ
販売価格 3,694円(税274円)
型番 ねノ弐
在庫状況 1ヶ